07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

THE WONDER YEARS

Chris Colferについてアツく語るブログです。たまに音楽の話などで暴走します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

今年もSummer Sonicへ行って参りました。その4 

またまたサマソニ日記です。

いよいよ、今年のクライマックスであります。


積年の思いが詰まった、Zeddーー!!
CL4PEBVUcAEYFMx.png
こんなに何年も好きなのになんで一度もライブ行けてなかったんだろう

今年6月の来日ライブも日程の都合が合わなかったため行けなくて、ずずーんと落ち込んでいた私。
こりゃーもうZeddとはご縁がないってことなのかしらと思いかけておりました。

でもでも、ありがとうサマソニ。
あなたのおかげで私は今生きています。

ついに辿り着いた、この瞬間ーーー!!
zedd.jpg
ぐおおおおお!!!Zedd降臨の一枚っ!これしか撮らなかった、ってか撮れなかった!

お馴染み「Hourglass」から「Spectrum」の、「Beautiful Now」で幕開けです。
しょっぱなから会場沸点超え!みんなが待ちわびていた瞬間といった感じでした。
地面は芝生のはずだけど絶対揺れてたと思う。

今までネット上でしか観ることができなかった、ZeddのDJプレイ。
海外フェスのライブ配信とか散々観てきたけれど、会場で体感するのってホントに全然違うんですね!しかも、こんなスタジアムで!
観客みんなで声をあげて、飛び跳ねて、一緒に歌って、この空間にいるのが夢みたい。自分の全てを解放してるような気分で、おかげで鼻水が両穴から垂れておりましたけど(解放しすぎ)、あれはもしかしたら鼻血だったかも。
いやあ、全員腕を振り上げてジャンプしてる様は圧巻でした。しかもライブ中ほぼずっとジャンプしっぱなしだったし。私よくついていけたな~と今になって思う。

やばいでしょこの図!


ここにいる観客たちがほぼ全員熱狂ジャンプしてる様をご想像ください

そのZeddの演奏なんですけれども。
至上最高。だったのは言うまでもありません。

Zeddのヒット曲の数々はもちろん、日本でもよく知られているヒット曲もたくさんやってくれました。ここ日本の、こうしたフェスの、メインステージでのショーということを意識したセットリストだったのでしょうね。Bastilleの「Pompeii」にマルーン5の「Sugar」にClean Banditの「Rather Be」などなど。みんな知ってるよね!
Clean Banditもサマソニ出演していましたが観られなかったので余計に嬉しかったです。(そのClean Bandit、今回はあの新曲「Disconnect」もやったみたいですのね。これ一体いつリリースになるんだろ)
さらに、Zeddの2つ前にMAGIC!が出てたんで、「Rude」の時にはナスリが登場。同日でラッキーでした!

「Rude」は10:34あたりからですが、その前後のも含めて自分用に貼っとく。


そういえば、楽しみにしていた「Riffter」「NRG」のあたりは無かったような。
♪NRG!ッフー! ♪ between you and me!ッフー!ってやりたかったです。

音参考。「ッフー!」は1:22頃。この動画、映像はあんまり見つめない方がよろしいかも(←お借りしといてなんだ)

光の点滅&撮影者ノリノリで画面ガタガタ&「♪ッフー」のところは特にガタガタ、で、若干具合悪くなるかも(なので半分の大きさにしましたのね)(でもスマホでご覧の方には意味をなさないのね)

「True Colors」からは、「I Want You Know」と「Beautiful Now」の最強ナンバーをやってくれたのでしたが、特に「Beautiful Now」が心に残っています。

こちらJon Bellionの生ボーカル・Zeddの生キーボード・生バンド・生コーラス・・・というレアなやつ。

うう。楽しい。

ちなみに、サビの♪バーバーバーバババーバーバーババ~の部分、大合唱だったのは素晴らしい経験だったのですが、自分燃えながらも周りを見渡してみたところ、口の動き的に「ば」ではなく「ら」や「あ」で歌っていた方もいらした模様。


Zeddも度々このように呟いておりますゆえ、次回からはぜひとも「ば」で!

ラストは「Alive」。
お空に向かって「ア・ラ~イブ!」と叫んでやりました。めっちゃ爽快!
や、今回実は、アラ~イブ!の部分だけではなく、あの1フレーズを完璧に叫んでやりたいと思い、お家で練習までしたのです、私。それまでは、アライブの前の部分はゴニョゴニョてきとーに口ずさんでいたので。
♪Loving every minute 'cause you make me feel so alive~ alive~♪ですから、みなさん、ぜひ一緒に歌いましょう。

「Spectrum」からの流れは同じでした。「Alive」は1:50頃から始まります。

Zeddの「Let's go!!」が、やばいよやばいよ脳天ドカンだよ

そして光の演出ってやつも、噂にたがわずすごかったです。こうして映像で見るのとも迫力が全然違うんですね~。
我々はかなり左に寄った場所で見てたんで上記写真のように半分ズレた状態でしか見れませんでしたが。
zedd2.jpg
サマソニ公式様のお写真です。

アルバム「True Colors」にちなんでかとってもカラフルで綺麗だったし、曲にシンクロした映像の迫力がハンパなかったです。途中で何度もキラキラテープがドカーンと発射されたりも。

帰り際にこのキラキラテープを持ち帰ろうとしていた我が息子。既に人に踏まれまくってるよーなもん持って帰らなくてよろしい、と言おうとしたところで、「え。何も書いてない。ナオトインティライミの時はナオトインティライミって書いてあった。ゼッドはナオトよりもお金持ちなんだから何か書けばいいのに。」と子供ならではの意見を吐き、手にしたキラキラをはらりと捨て去ったのでありました。
その大事に持って帰ったナオトのキラキラはとっくの昔に捨てられてしまっていることに気付きもしないで。


話を戻し、長年憧れつづけたZeddライブ、私にとってだけでなくあのアリーナにいた観客たちにとっても、今年のサマソニのベストアクトとなったんではなんではなかろーかと思うほどに会場の熱狂加減が物凄くて、そんな中に自分もいられたことがとってもうれしかったです。

そしてそれ以上にうれしかったのは、Zeddがすごく楽しそうにプレイしていたこと。
すっごい楽しそうな笑顔で、我々と同じくらいジャンプしてたんだよ!!(涙)

いや、何もここだけで笑顔だったわけではなくて、どのライブでも笑顔を見せるZeddなんですけれども、いつもより笑顔多めだった気もするし、なによりその笑顔が自分たちに向けられているもので、自分たちと一緒に楽しんでるんだっていうのが、むちゃくちゃ嬉しかったなァァァ(私、どんだけZeddに憧れてんだって話ですね)

ああ、また参加したい。
Zeddのスタジアムライブ、何度でも観たいです。


というわけで、今回のZeddスペシャル、あの熱狂を思い出しながら大興奮で書いてまいりました。
一応冷静になって書こうと努力はしましたが、書き終えて読み返してみたら文末が全て「!」になっていたのでそこは大幅にカットいたしました。
それでも、いつも通りお読みぐるしい回となりましたこと、お詫び申し上げます。


おまけ。
メッセ内にあったプリクラのブースで撮ったやつ。(って私がじゃないよ、私のプリクラ貼ったって誰も喜ばないからね)
変顔といえばZedd、と言っても過言ではない域に達してきましたが・・・じわじわくるな・・じわじわ・・・

Japanese photo booth #1

Zeddさん(@zedd)が投稿した写真 -



Japanese photo booth #2

Zeddさん(@zedd)が投稿した写真 -



Team Zedd in Japan! 🇯🇵 @kenshreds @_sillygabe_ @steven22ld @cleeze

Zeddさん(@zedd)が投稿した写真 -



女子っぷり全開ですね。
口をすぼめる顔とか、最近特に本人お気に入りのポーズなんだと思う。。


そんなプリクラも含めて、Zedd!
信じられないくらい素晴らしいショーをありがとう!
これからもずーっとずっと、だいすきだーーー!(ツイートそのまんま返し)


この後もまだサマソニ続くんですけど(えっまだ続くの)。
「パピコ袋の惨事」がこの直後に巻き起こるのですが、その模様も併せてまた今度。。


ところで!サマソニ全然関係ない話なんですが!
わたしゃ今日のニュース見て久々に目ん玉飛び出ました。

あの、Starchild、またの名をElliott Gilbert、ちょっと前にChrisと楽しいトークを繰り広げていた、あの、Adam Lambertが・・・

men-of-style-adam-lambert-bb25-2015-billboard-hero-650.jpg

わが街仙台に、来るーーー!!!

あわわわわ、、まじで、、、いいんですか天下のAdamさんにこんな僻地まで来てもらえちゃうなんて
来日ライブやるならこちらから都心へ出向こうと思ってたんですけど
そんなそんな、Adamさんの方からわざわざお越しいただけるなんて
もしかしてこのお知らせ、仙台と福岡で間違って記載されてたわけではないですよね!!

Adamのジャパンツアーは、来年1/7仙台を皮切りに、東京、広島、大阪、名古屋で行われるそうです。
こういう時はたいてい仙台ジャンプして札幌、というパターンが多いんですが、今回、東京ドーム以外は比較的小規模な会場でのライブになる模様。

仙台の会場は「仙台サンプラザ」といって、収容人数はたしか2,000名程度なんですが、全席指定でどの席からも非常に観やすくてですね、地元民から愛されるコンサートホールなのでありますのね。

ライブハウスのあの雰囲気の中でのAdam鑑賞もまた捨てがたいですけれども。
スタンディング形式とは違い、はりきって早く行ったからって前の方で観れるチャンスがあるわけでもないですけれども。
でも仙台にAdamが来れるようなライブハウスなんて無いしね!
仙台サンプラザの裏にはウマいたこ焼き屋があるしね!

いや~、自分の中ではAdamさんがgleeに出た時点でもうそんじょそこらの歌手とは全然違う位置におられますゆえ、なんだかまだ信じられない思いでおります。
生シャウト聴いたらアリアナ以上に感動するのかしら。。(何度も言いますが昨年のQueen観れなかったんで初体験ですよ)
ぜひぜひチケットをゲットいたしまして、楽しんで参りたいとおもいます。

あー、Chrisついてこないかな。(絶対こねーよ)


というわけで、長々と失礼いたしました。

次のサマソニ日記最終回は、アッサリした内容でお届けする予定です。







スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Posted on 2015/08/31 Mon. 23:09 [edit]

category: glee以外のmusic

TB: 0    CM: 6

31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。